エスティマ買取

エスティマを販売店の下取りに出す前に、しっかりと下取相場を見ておいた方がいいですよ!

新しく次の車を購入するためにエスティマを販売店の下取りに出す前に、エスティマの下取り相場を知っておいた方がいいと思いませんか?

ここの販売店の下取価格は合っているのか?を判断するため基準として知っておいたら、安く見られてたのか、高くみてくれたのかを判断できますよね?

トヨタのホームページを使うと、エスティマの下取り参考相場を調べることができますよ。

トヨタのエスティマ下取参考相場情報ページ


トヨタの参考価格はあくまでも基準価格なので、走行距離などで実際の査定額は変わりますので!!

ですが!!販売店の下取価格はびっくりするくらい安いですよ!!!

【※重要※】販売店でのエスティマの下取価格は安い!!

ご存知だと思いますが、車を買い替えや売るときのディーラーや中古車販売店での下取り査定額はかなり安いですよ!

びっくりするくらい簡単に言うと査定額をたたかれています!

下取り側は、
相場なんて知らないから少し安くても売ってくれる!
このタイプは人気がないから安く査定を・・・
など、さまざまあります。

じゃどうすれば、高い査定額をもらうかというと、
複数の買取業者からできるでけたくさんの見積りをもらうことです!

そんなの時間の無駄だ!早く高く売りたいのだ!と思う人も
数分あれば十分に高い査定見積もりをもらうことができます!


めんどいと思う人でも数分で一番高い査定額を出させる方法!!


▼利用者数が多い一括査定サイトランキング!!▼

ズバット車買取比較
当サイトからも依頼数No.1の『ズバット車買取比較』
ズバットの提携業者は150社以上で大手から地方の買取店まで一番多く提携しているので、地方の方でも複数の見積もりがもらえる一括査定サイトです。
管理人が一番おすすめする一括査定サイトです。


ズバットの詳細情報はコチラです 


 

かんたん車査定ガイド
大手業者が参加しているかんたん車査定ガイド!
かんたん車査定ガイドの提携業者は40社ほどで、知名度のある業者と大手車買取業者のみが参加しているため、地方の方はズバットに申込みした方がいいと思います。


かんたん車査定ガイドの詳細情報はコチラです 


 

カーセンサー.net
1000円でも高く売りたい人はここも!
1000円でも5000円でも高く売りたいと思っている人は上記2サイト+カーセンサーに申込みをすると一番高い買取価格に出会えますよ!※入力項目が多いですけどね。


カーセンサーの詳細情報はコチラです 


※ランキング順位は各サイトで公開している情報を元に掲載しております。


※ズバット車買取比較の提携車買取業者になります。

トヨタ エスティマの紹介

トヨタ自動車が1990年から現在に至るまで作り続けているミニバンである。初代のキャッチコピーは「トヨタの天才タマゴ」その名の通り卵のような外見が特徴であった。この丸みを帯びたボディ形状は3代目に当たる現行のエスティマまで引き継がれており、いずれの代も曲線を感じさせる車である。

初代はエンジンを斜め置きしたミッドシップ車であった。この斜め置きのお陰で見た目よりも低床・低重心の車であり、これが「天才タマゴ」である所以である。駆動方式はMRもしくは4WD。ミニバンでMRと言うのも珍しく、見た目も相まって人気のある車であった。

しかし当時にしては大柄であったこと、価格が高かったこともあって手が出にくい車でもあった。そんな声に答えてボディサイズを一回り小さくした「エスティマ エミーナ」「エスティマ ルシーダ」が登場する。エンジンレイアウトと卵型の見た目はエスティマと共通しているが、エミーナとルシーダにはディーゼルターボやMTが設定される(エスティマはガソリン及び4速ATのみ)など、エスティマとの差別化も計っていた。またこの二台は姉妹車であるが、エスティマとの関係を「親子」と表現するのが常であった。

2000年1月、トヨタ エスティマは子であるエミーナ・ルシーダと統合しフルモデルチェンジを果たす。ボディ形状は踏襲されたがエンジンレイアウトはFFへと変更。この事に嘆く声もあったが売り上げは大ヒットを記録し、三代目(現行車)が売られている現在においても姿を見かける機会は多い。駆動方式はFFもしくは4WD、ミッションは4速ATのみ。
また、二代目エスティマはプリウスに次ぐトヨタ二台目のハイブリット車としても注目を集め、こちらは「エスティマハイブリット」と名づけられ、カタログ上別の車として扱われた。ミッションはCVT。

そして2006年1月、現行モデルである三代目が発売される。丸みを帯びた見た目、FF/4WDなど二台目の正統進化と言えるが、よりシャープな見た目となった。ハイブリッドの設定もあるが2代目と違い同一者のグレード違いとして扱われる。ミッションは6速ATもしくはCVT。プラットフォームを二代目アルファードと共有し、二代目よりも一回り大きな車になっている。


なお2014年現在、現行モデルが発売され8年が経つが、次期モデルの正式発表はまだない。しかしトヨタディーラ曰く最近になって漸く次期モデルの話が出始めたとのこと。4代目エスティマに会える日もそう遠くないのかも知れない。
エスティマ査定・買取